科研費の報告書など

  • 基盤研究(A)「位相幾何学の総合的研究」(平成12年度〜14年度)
    代表者・坪井 俊 (東京大学大学院数理科学研究科)
  • 基盤研究(C)(2)「非可換ゲージ場とパンルベ函数」(平成12年度〜14年度、代表者・大山)

  • 戻る