古典解析セミナー  

Painleve 方程式, 特殊函数, 可積分系などを広い意味でとらえた 「古典解析セミナー」 を大阪大学で継続的に行います。ポリシーとしては、参加者全員で自由に討論できるよう、未完成の話、失敗談も歓迎という形で行いたいと思います。

次回講演

本年度から部屋が変更になりました
2009年10月28日(水) 15:30〜
講演者:川向 洋之(三重大学)
タイトル: タイトル:G(3,1,1) の有理解について
場所:大阪大学理学部 B433
アブストラクト: 2変数ガルニエ系を2回退化して得られる非線形方程式 G(3,1,1) について考察し,Funkcial. Ekvac. 46 (2003) 1-21 と同様の 方法で,G(3,1,1) に含まれる有理解を求める.

阪大へのアクセスは をご覧ください。モノレール柴原駅から徒歩数分です。 地図の右下、地図の右下、太文字で「B」とかかれたビルの4階 です。 B433は事務室・談話室のほぼ向かいです。

今後の予定


2009年度 過去の講演

2009年07月15日(水) 15:30〜
講演者:眞野 智行(京大数理研)
タイトル: q-PVI系の境界点における漸近挙動と接続問題
場所:大阪大学理学部 B433
 
2009年06月03日(水) 15:30〜
講演者:鈴木 貴雄(神戸大学 理学研究科)
タイトル: A型ドリンフェルト・ソコロフ階層の相似簡約とq差分化
場所:大阪大学理学部 B433
 
2009年05月27日(水) 15:30〜
講演者:山田泰彦(神戸大学 理学研究科)
タイトル: 楕円差分パンルヴェ方程式のラックス形式
場所:大阪大学理学部 B433
 

2008年の講演
2007年の講演
2006年の講演

戻る