談話会


2017/7/3(Mon)

4:30--5:30 E404

秋山 茂樹

筑波大学数理物質系

回転ベータ展開とタルスキの問題

ベータ展開は2進展開を非整数底に拡張する写像であり、数論とエルゴード理論の境界で様々な興味深い例を与えてきた。直交群作用を加味しベータ展開を高次元に拡張すると絶対連続な不変測度の一意性は一般に成り立たない。そこで本講演では凸体の分割に関するタルスキの問題と結びつけ、不変測度の一意性の簡潔な十分条件を与える。これは J.Caalim 氏との共同研究である。