確率論セミナー


2017/7/25(Tue)

16:30--18:00 数学教室 大セミナー室 (E404)

角田 謙吉

九州大学マス・フォア・インダストリ研究所

Hydrostatics for boundary driven exclusion processes

境界において粒子の流入・流出を伴う排他過程は、 非平衡定常状態に対する単純な模型として、詳しく研究が行われている。 境界における粒子の流入・流出の影響により、粒子系の定常状態 (マルコフ過程の不変測度)は具体的な表示を持たないため、 定常状態に対する大数の法則等の極限定理は自明ではない。 本講演ではFarfan et al.によるHydrostaticsの 証明を紹介するとともに、粒子の流入・流出に対するレートを 変えた際に起こる影響について議論する。