幾何セミナー


2017/10/23(Mon)

13:00--14:30 E404

高橋良輔

東北大学

Geometric quantization of Kahler-Ricci solitons

ケーラー・リッチソリトンは,Hamiltonのリッチフローのような幾何解析に起源を持つFano多様体上の標準計量の1つである.標準計量は,射影空間への埋め込みを通して定義される,幾何学的不変式論的安定性と密接に関係している.この方面での先駆的な結果の1つに,Donaldson,満渕による,スカラー曲率一定ケーラー計量に対するbalanced計量の構成がある.本講演では,Donaldson,満渕の結果の類似物として,ケーラー・リッチソリトンに対するbalanced計量の概念の定式化およびその収束性について,変分法的(汎関数的)視点からの研究によって得られた結果をお話ししたい.