整数論保型形式セミナー


2017/12/15(Fri)

16:30--17:30 数学教室 新セミナー室(D505)

川島誠

大阪大学 理学研究科

Lerch関数に関連するLaurent級数の特殊値の線形独立性について

: 2001年, Bal-Rivoalは、polylog関数のPade近似を調べる事で, リーマンゼータ関数の3以上の奇数点に於ける特殊値の集合の中に無数の無理数が存在する ことを示した. 本講演ではLerch関数に関連するLaurent級数のPade近似を調べる事で, Bal-Rivoalの結果の精密化, 及び, そのp進類似を得るための試みを紹介する. またその応用として, Lerch関数の特殊値の線形独立性が得られることを示す.  本研究は広瀬稔氏(九州大学)と佐藤信夫氏(National Taiwan University)と の共同研究である.