確率論セミナー


2018/6/19(Tue)

16:30--18:00 数学教室 大セミナー室 (E404)

楠岡 誠一郎

岡山大学

3次元トーラス上のPhi4量子場モデルの不変測度とその流れ

量子場の理論に現れる Phi4 モデルを3次元トーラス上で考え、その不変測度と流れについて議論する。Hairer 氏の斬新なアイデアによりこのようなモデルに対応する非線形確率偏微分方程式が解けるようになり、現在盛んに研究されている。本講演では、Hairer 氏による方程式の変形を行い、近似式の不変測度と非線形消散型方程式を解く技術を用い、直接的に大域解をと不変測度を構成する。