幾何セミナー


2018/12/10(Mon)

13:00--14:30 理学部 E404/406/408 大セミナー室

大島芳樹

大阪大学

局所対称空間のコンパクト化とK3曲面のGromov-Hausdorff収束

偏極Abel多様体やK3曲面のモジュライは局所対称空間の構造をもつことが知られている。1960年頃に、局所対称空間の複数のコンパクト化が佐武一郎により構成された。そのうちのひとつがBaily-Borelコンパクト化とよばれるものである。最近の尾高悠志氏(京都大学)との共同研究で、(Baily-Borelコンパクト化とは異なる)ある佐武コンパクト化がAbel多様体やK3曲面のRicci平坦計量のGromov-Hausdorff収束の様子を良く表していることが観察されたので、その報告を行う。