専攻長挨拶

専攻長

大阪大学理学研究科数学専攻のホームページにようこそ!

大阪大学理学部は、昭和6年の旧制大阪帝国大学創設と共に発足しました。そして大学院組織としての理学研究科は昭和8年から学生の受け入れを開始し、昭和28年には戦後の新学制の下で理学研究科数学専攻が発足いたしました。さらに平成7年の大学院重点化により、大学院組織が教員組織の中心となり、従来の学部は学生の教育組織として改編されました。このような長い歴史と伝統を有する当数学専攻では、創造性を重んじる自由な学風のもと、日々活気に満ちあふれた研究活動を推進すると共に、世界トップレベルの研究を基盤とする質の高い教育を行っております。

当数学専攻は現在、37名の教員からなり、代数、幾何、解析から応用数学に至るまで、現代数学の幅広い分野を網羅し、大学院生の多様な興味の方向性に対応できる体制を有しています。また、大阪大学の全学共通教育(低学年向け数学基礎教育)や理学部数学科の教育においては、情報科学研究科、サイバーメディアセンター、全学教育推進機構に所属する数学教員全員が一体となって取り組んでおります。

当数学専攻の使命は、日本の将来を担い、社会の様々な分野で活躍できる人材を養成することにあることを強く意識し、その遂行に教職員一同、努力して参ります。どうぞよろしくお願い致します。

2017年4月1日
数学専攻長・学科長
中村博昭